スキンケアの重要性

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症あるいは小児乾燥性皮膚炎ではバリア機能の保持のため、季節に応じたスキンケアが特に重要になります。

なかでももっとも大切なのは「清潔と乾燥防止」です。

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症にはカサカサ、ジュクジュク、ブツブツの3種類があります。

後者の2種類は特にバクテリア、ブドウ球菌などの菌の刺激を受けた不潔な状態にあります。

その場合、まず、イソジンなどの刺激の少ない消毒液で菌をなくしてから治療を開始することになります。

さらに特殊ローションをつけてから、特製乾燥パウダーパックを貼りつけておくといいでしょう。

その後、刺激の少ない石けんを使って、皮膚に付着したダニやホコリを洗い流して清潔にするように心がけます。

汚れは皮脂の中に混入していて、皮脂そのものも汚れとともに洗い流すことになるため、結果的にドライスキンを招くことになります。

したがって石けんをよく流したあと保湿剤を塗るなどして乾燥に対するスキンケアが必要になります。

つまり、清潔にするためのスキンケアと乾燥に対するスキンケアという相反するケアを両立させることが大切となります。

ドライスキンが主のアトピー性皮膚炎はスキンケアのみで十分コントロールが可能です。

加えて皮膚バリア障害があると、アレルゲンが侵入しやすいため、二次的にアレルギー性炎症(湿疹)を起こしている場合があります。

このような湿疹の治療にはステロイド外用剤も場合によつては必要です。

早期にステロイド剤を1、2回使って、炎症が治ったらスキンケアに切り換えていけばよいのです。

ステロイド剤を使う場合は使用期間をきちんと見極め、過剰に使いすぎない事が大事です。

また、実は掌蹠膿疱症に対応した漢方もあります。

漢方薬の専門店で販売されていますので気になる方は一度相談してみるとよいでしょう。

参考までにどうぞ…掌蹠膿疱症(http://www.wakando.net/shoseki/)